2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

☆★☆男性と女性とでは恋人と別れたときの捉え方が異なる・・・?

男性と女性では、恋人と別れたときの捉え方が大きく異なっている。

その時の落ち込み具合や、

そして、別れの切り出し方にも大きな違いがある。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

恋愛関係だった二人が、別れる際、

別れを切り出すのは、男性に比べ女性の方がはるかに多い。

別れの言葉を切り出す際、

一般的に、

男性は、「相手が心変わりした」、「相手が〇〇することを望んだ」など、

相手の気持ちや考え方の変化を、別れの理由とする人が多く、

女性は、「相手を嫌になった」、「自分が○○することを望んだ」など、

自分自身の気持ちや考え方の変化を、その理由とする人が多い。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

また、現在交際している相手と、

別れた相手に対する愛情は、

男性は、別れた相手に対し、心理的な依存や、

ロマンチックな感情を抱きやすく、

女性は、現在交際している相手に対し、信頼感や尊敬、

そして、気持ちの共有度を高く抱きやすいとされている。

つまり、よく言われているように、

男性は、過去の恋愛相手を引きずりやすく、

女性は、現在の関係、恋愛に対し積極的であるということである。

しかし、別れのダメージだけを考えてみると、

ある研究では、男性よりも女性の方が大きいらしい・・・。

女性を表す例えとして、

「女性は、感情の動物」、「女心と秋の空」などと言われているが、

これは、前述したことなどが、所以になっているのかも知れない・・・。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

交際していた相手と別れる時、

それは、決して、別れを告げられた人だけが悲しいのではない。

もしかしたら・・・、

告げた人も、それ以上に苦しんでいるのかも知れない・・・。

しかし、これで終わっていたとしたら、次の恋愛はできない。

このつらい別れの経験を乗り越えてこそ、

はじめて、そこに、異性との出会いが生まれ、

そして・・・、 

今まで以上の、『すてきな恋』が待っているのである・・・!!!

「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加していますので、
是非、ココを、二つともクリックして、応援してくださいね・・・・・・・・・・・?

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村

☆★☆★☆★☆★☆★☆
結婚相談センターイーブライダル
ブライダルコーチ堀江通
東京都大田区蒲田5-36-2(相互蒲田ビル10F)
TEL:03-6424-8791

http://ii-kekkonn.goengo.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2011年2月22日 (火)

☆★☆恋愛相手の何気ない行動を否定的に捉えるのはNG・・・!

恋愛中などにおいて、相手のとった何気ない行動に対し、

一度や二度は、必ず心配や不安を感じることがある。

そして、この相手のとった何気ない行動に対する、

心配や不安への強弱が、その後の恋愛関係に大きく影響する。

つまり、相手のとった行動を、肯定的に捉えるか、否定的に捉えるかで、

今後の恋愛関係は、大きく変わってくるのである。

心理学では、恋人や親友などから「自分は拒絶されているのではないか」と、

心配や不安に思う傾向のことを『拒絶への敏感さ』といっている。

そして、この『拒絶への敏感さ』の強い人は、

物事を否定的に捉えやすく、

『拒絶への敏感さ』の弱い人は、

物事を肯定的に捉えやすいとされている。

あなたは、恋人をデートに誘って断られた時、どのように思うだろうか・・・?

例えば、「その日は用事がある」と断られた場合・・・、

あなたは、「じゃあ、また今度、用事がないときにね」などと簡単に言えるだろうか・・・、

そしてそれは、心の底から言えているのだろうか・・・?

『拒絶への敏感さ』が強い人は、

自分自身が相手に拒絶されていると思い、

怒りや、イライラを感じることが多い。

そして、言い争いになったとき、

女性の場合は、言動がネガティブになり、相手を不快にさせやすく、

男性の場合は、暴力をふるいやすくなるのである。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

恋をすると、人は、当然、相手の気持ちを知りたくなる。

そして、その気持ちが、心配や不安感となり、

相手の携帯電話を見たり、電話を頻繁にかけたりするのである。

テレビなどで、よく相手の携帯電話をみるといったことを耳にするが、

これらの行動は、相手を縛りつけておこうとする欲求の現れであり、

少なくとも・・・、

恋愛では・・・、

『良い影響をもたらす』とはいえないのではないだろうか・・・!!!

「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加していますので、
是非、ココを、二つともクリックして、応援してくださいね・・・・・・・・・・・?

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村

☆★☆★☆★☆★☆★☆
結婚相談センターイーブライダル
ブライダルコーチ堀江通
東京都大田区蒲田5-36-2(相互蒲田ビル10F)
TEL:03-6424-8791

http://ii-kekkonn.goengo.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2011年2月20日 (日)

☆★☆恋愛では高嶺の花は高嶺の花にしておこう・・・!

芸能ニュースなどで、時々、

こんな魅力的な人が、エー・・・?

あんな人と交際中・・・?あんな人と結婚・・・?なんて話を聞くことがあるが、

その数ヵ月後に交際解消、数年後に離婚という話もよく聞くことがある。

そして、ヤッパリ・・・、と思ったりもすることがある。

それでは、なぜ、「ヤッパリ・・・」と思ったりするのだろうか・・・?

それは、恋人や夫婦として長続きさせていくためには、

二人の釣り合いが大事なのである。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

多くの人は、美男美女を好む傾向にある。

それでは、美男美女でなければ、

恋愛や結婚ができないかというと決してそうではない。

美男美女じゃなくても、恋人や夫婦として長続きしているカップルは、

いくらでもいる。

外見的な魅力が恋愛関係にどのような影響を及ぼすかというと、

それは、つき合う前の段階とつき合っている段階とでは変わってくる。

つき合う前の段階、つまり相手を選ぼうとしている段階では、

多くの人は、自分の魅力はさておき、美男美女を好む傾向にある。

しかし、すでに誰かとつき合っている段階をみてみると、

つき合う前の段階で望んでいたこととは、異なり、

お互いの魅力の高さが同程度、

つまり、お互いの魅力が釣り合っていることが多いのである。

それなりに魅力のある男性には、

それなりに魅力のある女性といった具合である。

「この人とあの人・・・釣り合いがねえ・・・?」

などという言葉をたまに聞くことがあるかと思うが・・・、

これは・・・、

残念ながら・・・、

二人の関係が、長続きしないことを予期しているのかも知れない・・・!

「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加していますので、
是非、ココを、二つともクリックして、応援してくださいね・・・・・・・・・・・?

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村

☆★☆★☆★☆★☆★☆
結婚相談センターイーブライダル
ブライダルコーチ堀江通
東京都大田区蒲田5-36-2(相互蒲田ビル10F)
TEL:03-6424-8791

http://ii-kekkonn.goengo.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2011年2月16日 (水)

☆★☆ラブスタイルの相性ってあるの・・・?

・・・前回の続き。(昨日書いた記事を変更しました)

さて、あなたはどのラブスタイルだっただろうか・・・?

これまでの研究によると、

エロス型の人は、自分の現在の恋愛関係に満足しやすく、

ルダス型の人は、不満足である場合が多いとされている。

また、エロス型、マニア型、アガペ型の傾向が高い場合は、

相手に対する愛情が強く、

ルダス型の傾向が高いと、

相手への愛情が弱くなるとされている。

★6つのラブスタイル

〇ルダス(遊びの愛)

恋愛をゲームとして捉え、楽しむことを大切に考える恋愛スタイル。

快楽志向が高く、複数の相手との恋愛を楽しんだりする傾向が強い。

好みの異性のタイプは一定しておらず、

プライバシーを侵害されることを嫌い、安定した関係を望まない。

〇プラグマ(実利的な愛)

恋愛を地位の上昇などの恋愛以外の目的のために、

手段として考えている恋愛スタイル。

社会的に高い地位に就きたいとか、良い家庭をもちたいとか、

様々な目的にそって、恋愛相手を選ぼうとする。

恋愛にロマンスや感情を持ち込まず、

あまり身体的魅力には興味を示さない。

〇ストルゲ(友愛的な愛)

穏やかな友情的な恋愛のスタイル。

長い時間をかけて、知らず知らずのうちに、

愛が生れるという考え方を持っている。

多くの場合、自分たちが恋愛していることに気がつかないまま時が経ち、

気がつくと「結婚するならばこの人しかいない」と思うような恋愛。

長い間離れて過ごしたとしても苦痛を感じることは少なく、

比較的安定した関係が続きやすい。

〇アガペ(献身的な愛)

相手の利益だけを考え、相手のために、

自分自身を犠牲にすることをいとわない恋愛スタイル。

嫉妬をしないで相手のために気をつかい、

お返しに自分を愛してくれることさえも求めない。

相手が自分以外の人といる方が幸せになると思えば、

自身との関係も自らやめることもある。

〇エロス(美への愛)

相手の外見に強烈に反応を起こす恋愛スタイル。

きわめて強い一目惚れを起こしやすく、

恋愛を至上のものと考えていて、ロマンチックな行動をとる。

恋人のために詩を書いたり、歌を作ったりする。

関係の初期段階で相手と親密になることを望み、

満足度が高ければ長期的で良好な関係が期待できる。

〇マニア(熱狂的な愛)

激しい感情を持つことを特徴とする恋愛スタイル。

独占欲が強く、強迫的で嫉妬深く、熱中しやすく、

愛されていることを繰り返し確かめたがる。

相手が他の異性と話をするだけで、嫉妬心に駆られ、

相手の誠実さに疑いを持ったりする。

二人の関係をなかなか安定させることができない。

自分に自身がもてず、相手の短所を無視し、

長所だけを過大視する傾向があり、恋愛にのめり込みやすい。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

カナダの心理学者リーによると、

恋愛の基本的スタイルは・・・、

エロス(美への愛)、ルダス(遊びの愛)、ストルゲ(友愛的な愛)の3つで、

その混合形として・・・、

マニア(熱狂的な愛)、プラグマ(実利的な愛)、アガペ(献身的な愛)の3つがあり、

計6つが存在するとされている。

そして、それらのラブスタイルは、

円の配置(色相環)で、お互いが近い位置にあれば相性がよく、

エロスとプラグマ、ルダスとアカペ、ストルゲとマニアのように、

正反対の位置にあれば相性が悪いとされている。

★ラブスタイルの相性(良い順)

〇エロス

⇒1位:エロス、2位:アガペ・マニア、3位:ストルゲ・ルダス、4位:プラグマ

〇マニア

⇒1位:マニア、2位:エロス・ルダス、3位:アガペ・プラグマ、4位:ストルゲ

〇ルダス

⇒1位:ルダス、2位:マニア・プラグマ、3位:エロス・ストルゲ、4位:アガペ

〇プラグマ

⇒1位:プラグマ、2位:ルダス・ストルゲ、3位:マニア・アガペ、4位:エロス

〇ストルゲ

⇒1位:ストルゲ、2位:プラグマ・アガペ、3位:ルダス・エロス、4位:マニア

〇アガペ

⇒1位:アガペ、2位:ストルゲ・エロス、3位:プラグマ・マニア、4位:ルダス

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

あなたと恋人との相性は如何だっただろうか・・・?

リーも述べているように、ラブスタイルは、

ひとりの人が・・・、

エロス型の部分もあればプラグマ型の部分を持ち合わせているなど、

当てはまるラブスタイルはひとつとは限らない。

だから、恋人との相性の良し悪しは・・・、

つまり、自分自身にあるのかも知れない・・・!!!

「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加していますので、
是非、ココを、二つともクリックして、応援してくださいね・・・・・・・・・・・?

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村

☆★☆★☆★☆★☆★☆
結婚相談センターイーブライダル
ブライダルコーチ堀江通
東京都大田区蒲田5-36-2(相互蒲田ビル10F)
TEL:03-6424-8791

http://ii-kekkonn.goengo.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2011年2月12日 (土)

☆★☆恋愛にも色彩がある・・・?

あなたは、恋愛にも色彩があることをご存じだろうか・・・?

カナダの心理学者ジョン・アラン・リーは、

恋愛を色と同じように6つのタイプ(ラブスタイル)に分け、

それらを環状に位置付けた。

そして、それを『恋愛の色彩理論』と名付けた。

★恋愛の色彩理論とは

恋愛の種類(ラブスタイル)を円形に配置し、それを色相環に見立てた。

色相環とは、色を特徴に従って配置した図のことであり、

例えば、赤とオレンジといった類似色は、

色相環では近い所に配置され、

赤と緑のような反対色は、円の中心から正反対の所に配置される。

★6つのラブスタイルとは

〇ルダス(遊びの愛)

恋愛をゲームとして捉え、楽しむことを大切に考える恋愛スタイル。

快楽志向が高く、複数の相手との恋愛を楽しんだりする傾向が強い。

好みの異性のタイプは一定しておらず、

プライバシーを侵害されることを嫌い、安定した関係を望まない。

〇プラグマ(実利的な愛)

恋愛を地位の上昇などの恋愛以外の目的のために、

手段として考えている恋愛スタイル。

社会的に高い地位に就きたいとか、良い家庭をもちたいとか、

様々な目的にそって、恋愛相手を選ぼうとする。

恋愛にロマンスや感情を持ち込まず、

あまり身体的魅力には興味を示さない。

〇ストルゲ(友愛的な愛)

穏やかな友情的な恋愛のスタイル。

長い時間をかけて、知らず知らずのうちに、

愛が生れるという考え方を持っている。

多くの場合、自分たちが恋愛していることに気がつかないまま時が経ち、

気がつくと「結婚するならばこの人しかいない」と思うような恋愛。

長い間離れて過ごしたとしても苦痛を感じることは少なく、

比較的安定した関係が続きやすい。

〇アガペ(献身的な愛)

相手の利益だけを考え、相手のために、

自分自身を犠牲にすることをいとわない恋愛スタイル。

嫉妬をしないで相手のために気をつかい、

お返しに自分を愛してくれることさえも求めない。

相手が自分以外の人といる方が幸せになると思えば、

自身との関係も自らやめることもある。

〇エロス(美への愛)

相手の外見に強烈に反応を起こす恋愛スタイル。

きわめて強い一目惚れを起こしやすく、

恋愛を至上のものと考えていて、ロマンチックな行動をとる。

恋人のために詩を書いたり、歌を作ったりする。

関係の初期段階で相手と親密になることを望み、

満足度が高ければ長期的で良好な関係が期待できる。

〇マニア(熱狂的な愛)

激しい感情を持つことを特徴とする恋愛スタイル。

独占欲が強く、強迫的で嫉妬深く、熱中しやすく、

愛されていることを繰り返し確かめたがる。

相手が他の異性と話をするだけで、嫉妬心に駆られ、

相手の誠実さに疑いを持ったりする。

二人の関係をなかなか安定させることができない。

自分に自身がもてず、相手の短所を無視し、

長所だけを過大視する傾向があり、恋愛にのめり込みやすい。

さて、あなたはどのラブスタイルだったでしょうか・・・?

これらのラブスタイルには、リーも述べているように、

決して良し悪しがあるわけではありません。

そして、これらのラブスタイルは・・・、

一人の人が一つだけ持っているとは限りません・・・!!!

★次回は、これらのラブスタイルの相性についてお話します。

「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加していますので、
是非、ココを、二つともクリックして、応援してくださいね・・・・・・・・・・・?

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村

☆★☆★☆★☆★☆★☆
結婚相談センターイーブライダル
ブライダルコーチ堀江通
東京都大田区蒲田5-36-2(相互蒲田ビル10F)
TEL:03-6424-8791

http://ii-kekkonn.goengo.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2011年2月 8日 (火)

☆★☆恋人や配偶者がいると失敗してもまた頑張ることができる・・・!

あなたは、こんな言葉を一度や二度は、聞いたことがあると思う。

「僕は家族がいるから頑張ることができる」

「私は子供がいたから頑張ることができた」

それでは、この言葉の表している意味はいったい何なんだろう・・・?

それは、『強い心の絆』である。

あるスポーツ選手が『仲間』と言う言葉をつかって騒がれたが、

これも『絆』である。(少し本題からずれてしまった)

恋愛関係の初期、恋人との間を結びつけているものは、

ドキドキ感や興奮、そして相手の身体的魅力などと考えられるが、

時間の経過とともに、そこに、徐々に、

そして、『強い心の絆』が生じるのである。

つらいとき、相手の声を聞いたり、一緒にいたりすると、

それだけで気持ちが安らいだりする。

これは、つまり、二人の間に『絆』もしくは『強い心の絆』があるからである。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

それでは、この『強い心の絆』は、

恋人同士や夫婦(家族)の間では、

どのような役割をしているのだろうか・・・?

その答えを一言で言うなら、

親密な人間関係をつくり、最終的に「親密な人間関係をもつ」ことだと言えよう。

そして・・・、

親密な人間関係をつくり、

最終的に「親密な人間関係をもつ」と言うことは、

「どんなことがあっても・・・、恋人や配偶者(家族)だけは、

自分のことを受け入れてくれる・・・、自分の味方である・・・」

と感じられることである。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

そして、このように感じられることで、安心感が得られ、

人は、いろいろなことにチャレンジできるのである。

チャレンジして、たとえ失敗したとしても、

恋人や配偶者が、それを受け入れてくれるため、

本人のダメージは少なく、

また、新たなチャレンジができるのである。

人は一人では生きていけない・・・。

だから・・・、人には・・・、

『強い心の絆』が必要なのではないだろうか・・・!!!

「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加していますので、
是非、ココを、二つともクリックして、応援してくださいね・・・・・・・・・・・?

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村

☆★☆★☆★☆★☆★☆
結婚相談センターイーブライダル
ブライダルコーチ堀江通
東京都大田区蒲田5-36-2(相互蒲田ビル10F)
TEL:03-6424-8791

http://ii-kekkonn.goengo.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2011年2月 6日 (日)

☆★☆恋人や夫婦が長期間仲良く過ごすには・・・?

出会った頃、あんなにラブラブだったカップル(私たち)、

「いつまでも一緒に居ようね・・・」

「一生君を離さないよ・・・」

・・・などといっていたカップル(私たち)、

素敵なレストランや話題の店で食事をしたり、

休みの度にあちこちとドライブしたり、

海外旅行に出かけたり、

・・・などあんなに行動的だったカップル(私たち)、

それが、今は・・・、なんて思ったことはありませんか・・・!

もし、そんなふうに思ったり、考えたりしたりすることがあったとすれば、

それは、もうそこまで、倦怠期がやってきているのかも知れません・・・?

多くの場合、交際期間が長くなると、

お互いが知らないことも数少なくなり、

それが、色々な感動をなくし、新鮮味をもなくしてしまうのです。

そして、会話もなくなり、相手の嫌なところばかり目につき、

一緒にいることが苦痛に感じることさえ出てくるのです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

それでは、このような倦怠期に近い状態、

あるいは、このような倦怠期を克服するのには、

どのようにしたら良いのでしょうか・・・?

ある心理学者の研究グループによりますと、

倦怠期から逃れるための方法をこんなふうに提案しています。

「新奇で覚醒的な活動をパートナーと一緒に行うこと」

つまり、ドキドキする新しい活動(行動)を一緒にすることだといっています。

例えば、

高い山に登ったり、海に潜ったりして一緒にスリルをあじあう。

一緒にフルマラソン大会での完走を目指し、普段からジョギングをする。

変わったボランティア活動などに一緒に参加する。

など・・・です。

カップルが長期間仲良く過ごすには・・・、

二人に合った、スリルのある、

今までにやったことのない活動(行動)をすることです。

もし、あなたに、少しでも倦怠感があるとしたら、

前述したことなどの努力をしてみる必要があるのではないでしょうか・・・!!!

「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加していますので、
是非、ココを、二つともクリックして、応援してくださいね・・・・・・・・・・・?

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村

☆★☆★☆★☆★☆★☆
結婚相談センターイーブライダル
ブライダルコーチ堀江通
東京都大田区蒲田5-36-2(相互蒲田ビル10F)
TEL:03-6424-8791

http://ii-kekkonn.goengo.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2011年2月 1日 (火)

☆★☆気づけ異性のノンバーバル行動・・・!

先日、ボディータッチについての話をしましたが、

これは、一つのノンバーバル(非言語的)行動と言うことができます。

人は、相手に好意をもつとノンバーバル行動が活発になります。

例えば、あなたに対して、

①すぐに肩を叩くなど身体的な接触が多い

②話をしているときなど好意的な表情をする

③席に座るときそばに座ろうとする

④視線の量が多い

などのノンバーバル行動が多い人はいないでしょうか・・・?

もし、このような方がいたとしたら・・・、

それは、あなたに好意を寄せている可能性が強いのです。

★ノンバーバル行動とは

表情やしぐさなどの非言語的なコミュニケーションのことで、

バーバル(言語的)行動以外の全般のことを指します。

声の大きさ、会話のスピード、イントネーション、

顔の表情、視線、手振り、身振り、姿勢、ボディータッチ、

服装、化粧、アクセサリーなどもノンバーバル行動の一つです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ノンバーバル行動は、このような形で、

好意を寄せている相手に対し、距離をつめようとして起こるのです。

そして、これらの行動は本人が無意識のうちに行っていることも多く、

その人の素直な気持ちが表面化しているとも考えられます。

「目は口ほどにものを言う」

「目は心の窓」

「目は心の鏡」

などの言葉(諺)があるように、

相手の心の奥底を知るためには、

相手の言葉(バーバル行動)だけではなく、

ノンバーバル行動に注視することも重要なのです。

あなたが、「愛してる」と言うとき・・・、

相手としっかり目を合わせ、笑顔で、「愛してる」と言おう・・・!

「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」に参加していますので、
是非、ココを、二つともクリックして、応援してくださいね・・・・・・・・・・・?

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村

☆★☆★☆★☆★☆★☆
結婚相談センターイーブライダル
ブライダルコーチ堀江通
東京都大田区蒲田5-36-2(相互蒲田ビル10F)
TEL:03-6424-8791

http://ii-kekkonn.goengo.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »